Webリテラシーを評価基準に加えませんか?

Webリテラシー試験とは?

Webの一般常識を問う試験です。

このような課題をお持ちではありませんか?

社内のWebリテラシーレベルを確認したい

社員の評価基準を作りたい

新入社員研修の効果を確認したい

Webリテラシー試験で
知識レベル可視化

可視化の価値

  • 社内の知識レベルがどの程度なのか確認できる。
  • 一人一人のWebリテラシーレベルを把握し、評価・育成計画のマネジメントに役立つ。
  • 新入社員研修後、どれだけ知識・スキルを身に付けさせることが出来たか効果がみえる。

実績

株式会社ワンゴジュウゴ、株式会社ソフトクリエイト、株式会社九州インターメディア研究所、株式会社イマジカデジタルスケープ、トランス・コスモス株式会社、株式会社三越伊勢丹ホールディングス、株式会社GENOVA、株式会社フォーバル、株式会社電通オンデマンドグラフィックス、東京電子専門学校

受けてほしい人

  • Webに関わる仕事への就転職を目指す方
  • クライアント企業でデザイナーやディレクターなどの専門職と仕事をされる方
  • ビジネスパーソンとして、Webを活用するための標準的な知識を必要とする方
  • Web制作会社の新人研修
  • 広告・マーケティング担当者
  • 広報・宣伝・営業企画担当者
  • WEB展開を検討される印刷会社
  • システム開発部門の方
  • ECサイト運営部門の方

試験概要

試験場所 会社ごとの団体受験
実施時期 ご要望をお聞きした上で、日時の調整実施
費用 ¥11,000/人(消費税込み)
最低実施人数 5人
試験結果 試験終了後、リアルタイムに結果が表示
試験方式 CBT形式(コンピュータ利用での試験)で択一試験
資格名称 公益社団法人 全日本能率連盟登録資格 Web検定認定 Webアソシエイツ
資格有効 2年間。2年経過後に資格の継続試験制度あり

会場の確保が出来ない場合や、5人以下での場合は、
会場型受験やRemote Testing受験も可能です。

会場型受験
試験場所 J-Testing試験センター(全国約220か所)で、個別のお申込み
実施時期 上記センターの空いている場所・時間(いつでも、どこでも)
Remote Testing
試験場所 会社やご自宅、ネットカフェなどInternet接続が出来、受験者以外の方が写らない場所
実施時期 お申込み後、1ケ月以内のお好きな時間(いつでも、どこでも)

学習方法

1

公式ガイドブック

Webの仕事力が上がる標準ガイドブック1Webリテラシー第3版

2

公式問題集

PDFダウンロード版
Webリテラシー問題集第3版

3

対策講座の実施

YouTube動画

よくある質問

会場型受験の場合は、試験日の3営業日前の17時まで
Remote Testingの場合は、キャンセル出来ません。
試験終了後すぐに表示されます。Remote Testingの場合は、1週間後に確認出来ます。
2020年度 546名 2019年度 853名 2018年度 747名 2017年 691名、2016年度 662名、2015年度 590名
70%以上の正答率で合格です。
再受験用の割引価格はございません。

お問合せ

ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。