1. ホーム
  2. > お知らせ
  3. > Web検公式サイトが事例として紹介されている書籍が発売されます

Web検公式サイトが事例として紹介されている書籍が発売されます

Web検公式サイトが事例として紹介されている書籍が発売されます

2016年7月2日に書籍「実践!コンテンツファーストのWebサイト運用」が発売されます。本書ではWeb検公式サイトのリニューアルにも使用した国産CMS「a-blog cms」の機能、制作事例を通じ、コンテンツファーストの考え方でWebサイト制作を進めていくための一連のワークフローを学ぶことができます。

本書はWeb検公式ガイドブックシリーズの執筆者でもある益子貴寛氏が監修を担当しています。

書籍概要


実践! コンテンツファーストのWebサイト運用 a-blog cmsではじめるCMSプロトタイピング

定価:2,700円(税込)
判型:B5正寸
総ページ数:216
発売日:2016年7月2日
ISBN:978-4-86246-341-8
著者:山本一道、鈴木健、山田拓生、伊藤淳、岩崎浩、森田霞、今井理紗子、堀悟大、口田聖子、山田恵理子、坂本邦夫、勝又孝幸、松下嗣紀、いちがみトモロヲ
編者:アップルップル
監修:益子貴寛
発行:株式会社ボーンデジタル

※本書はWeb検のガイドブックではありません

購入について

全国の書店・オンライン書店でご購入いただけます。
Amazonで購入する
ワークスオンラインブックストアで購入する


内容紹介


Webサイトを利用するユーザーの満足度の向上や、Googleなどの検索エンジンからの適切な評価のために、Webサイトに掲載する情報(コンテンツ)そのものの重要性が年々高まっています。「コンテンツファースト」とは、コンテンツを最優先にし、そこからデザインやサイト構造などを設計、展開していく考え方のことです。

本書ではコンテンツファーストの考え方でどのようにWebサイト制作を進めていくか、国産CMS「a-blog cms」を使って一連のワークフローを解説します。


益子貴寛さん(監修者)のコメント


CMSというのはシステムであり、システムというのは設計思想が命です。a-blog cmsは、開発元が正真正銘のWebサイト制作会社であり、現場で制作や運用に関わる人を第一に考えて設計されています。わたし自身、実際のプロジェクトで、WordPress、Movable TypeなどのさまざまなCMSを利用してきました。そのような経験からも、a-blog cmsには他のメジャーなCMSと同等以上の「よさ」があることは間違いありません。

a-blog cmsは、旧バージョンを含めて15年以上、Webサイト制作に関わる人と一緒に、歩みを止めず進化してきました。本書を通じて、これから使う人がa-blog cmsを好きになってくれること、そして、すで使っている人がもっと好きになってくれることを、心から願っています。

紙面サンプル