1. ホーム
  2. > 検定
  3. > Webデザイン
  4. > 公式テキストの概要

Webデザイナー試験 公式テキスト

現在のWebサイト・サービス構築において、特に重要性が増している情報構造設計。さらに設計を具体化するビジュアルデザインや実装技術も多様化しています。

ビジネスゴールを目指すために設計段階で押さえておくべきプロセスやドキュメントから、訪問者を惹きつけるためのビジュアルデザインの約束ごと、検索エンジン最適化やアクセシビリティなどに幅広く対応するためのHTMLやCSSの書式や基本設計、デザイナーが理解しておくべきクライアント/サーバーサイドのプログラミングまで、国内キーパーソンの実務ノウハウを詳解します。

この書籍は「Web検定 Webデザイナー試験」に完全準拠している唯一の公式テキストです。

ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック2
Webデザイン 第2版


価格:本体3,400円+税
判型:B5変型
総ページ数:272ページ
発売日:2013年5月2日
ISBN:978-4-86267-145-5

立ち読みする | 詳細を見る・購入する
(ワークスオンラインブックストア)


各章紹介

第1章 Webサイトの企画・設計

Webサイトの設計工程は、Webサービスが多様化している現在ではますます重要な工程となっている。ビジネスゴールを効率良く目指すために設計段階で押さえておくべきドキュメント、過程を理解する。



目次


  • 情報アーキテクチャ設計
  • Webユーザビリティ
  • ペルソナとユーザーシナリオ
  • 全体構造の設計
  • ハイレベルサイトマップ
  • コンテンツマッピング
  • 詳細サイトマップ
  • ナビゲーション設計
  • ワイヤーフレーム
  • ユーザーインターフェイス設計
  • コンテンツ仕様書
  • 制作仕様書

第2章 制作(デザイン・実装)1 素材とデザイン

Webデザインに必要なビジュアルデザインや、コンテンツを構成する素材の特性などを理解する。



目次


  • Webコンテンツを構成する素材
  • テキスト素材
  • 画像素材
  • 写真素材
  • 映像素材・音声素材
  • インタラクティブコンテンツ
  • ビジュアルデザイン技法
  • カラースキーム
  • タイポグラフィ
  • コーポレートアイデンティティ
  • ユーザーインターフェイスの実装技術

第3章 制作(デザイン・実装)2 フロントエンド制作

スマートフォンやタッチデバイスなど、変遷するWebコンテンツにリーチするデバイスの特性に合わせ、HTMLやCSSの基本とともに、HTML5やCSS3、Webアクセシビリティなどを理解する。



目次


  • Web標準の概要
  • HTMLとCSSの概要
  • HTMLとCSSの作業計画
  • HTMLの書式
  • HTMLの詳細
  • CSSの書式
  • CSSの詳細
  • HTML5の詳細
  • HTML5の要素・属性
  • HTML5 API
  • CSS3の概要
  • CSS3セレクタ
  • CSS3プロパティ
  • CSSプリプロセッサー
  • タッチデバイス向けデザイン
  • Webアクセシビリティの概要
  • Webアクセシビリティガイドライン
  • Webアクセシビリティ支援の技術
  • Webアクセシビリティの実装
  • Webアクセシビリティの運用
  • Flashコンテンツ
  • PDF
  • 動画コンテンツと配信方法

第4章 制作(デザイン・実装)3 プログラミング

JavaScriptやDOMといったクライアントサイドから、Webアプリケーションやデータベースなどサーバーサイドプログラミングまでを理解する。



目次


  • クライアントサイドプログラミング
  • JavaScriptの基礎
  • DOMの基礎
  • JavaScriptライブラリ
  • サーバーサイドプログラミング
  • Webアプリケーション構築言語の種類と特徴
  • データベースとその種類
  • Webサービスの基礎とマッシュアップ
  • フレームワークとライブラリ
  • セキュリティホールと防衛手段

補章 Webの概念と未来像

WWW、インターネットの歴史、基本から、変遷しゆくWebをとりまく環境、今後の展望などを理解する。



目次


  • WWWの仕組み
  • ブラウジング環境
  • インターネットの新潮流
  • 次世代技術

執筆者・監修者

公式テキスト『ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック2 Webデザイン 第2版』の執筆者・監修者のプロフィールをご紹介します。

※ 写真およびプロフィールは、執筆当時のものです。


「執筆者・監修者」の続きを読む